離婚の養育費を払うことになったら読むサイト

サイトメニュー
  
扶養控除について
  
払わない方法は?
  
子供2人だった場合
  
無職でも払う?
  
調停離婚の養育費
  
養育費の決め方
  
           
 
   

離婚しても無職では養育費がもらえなくなります

それ相応の事情があって、家庭生活の崩壊と共に離婚になるケースが多いものですが、二人の間に子供がいる場合は、またそれについての問題が浮上してきます。結婚生活を破綻に導いた原因を作った側に、より重い責任が生じることは知られていますが、離婚後その相手が無職であったら、問題は更に深刻になってその後の状況に深く関ってきます。原因を作ったのが夫である場合は、離婚後の子供に対する養育費が出せなくなります。法的には出す義務が生じても、無い袖は振れないとばかりに出さなければ、いくら弁護士を雇って養育費の内容を決めても、勤めている会社などに差し押さえもできず、結局決行はされないままです。子供の親権も、生活能力のある方が有利となりますので、無職では当然親権が渡ることもありません。そこでもう一方の側が、生活能力を満たせば、子供と一緒に暮らすことになります。養育費を出すことが決定されていても、出さなくて済ませてしまう人が多いのも実情です。

Copyright (C) 2013 離婚の養育費を払うことになったら読むサイト All rights reserved.