離婚の養育費を払うことになったら読むサイト

サイトメニュー
  
扶養控除について
  
払わない方法は?
  
子供2人だった場合
  
無職でも払う?
  
調停離婚の養育費
  
養育費の決め方
  
           
 
   

離婚した場合、子ども2人分の養育費はどうなるのか?

養育費というのは、子どもをきちんと成人するまで育てる為に必要な費用ですので、どういった形で離婚したにせよ、必ず取り決めなければいけないお金になります。また、父親と母親の間に産まれた子どもですので、どちらが親権を持ったというのは関係なく、その費用は両親に平等にかかってきます。ですので、離婚をした時に子どもが2人いた場合、仮にそれぞれが1人ずつ引き取ったとしても、2人の養育費は両親にかかってくるのです。協議離婚をした場合、子どもが成人した時までかかるであろう費用、今後の収入などを踏まえた上で、検討をし、支払金額や期間を決めます。一般的にこの金額は出さなければいけないというのは無く、あくまでも両親の支払える範囲内で決めるしかないのですが、子ども1人の場合は2〜6万円、2人の場合は4〜6万円というのが相場になります。子どもがいるのであれば、出来るだけ成人するまでは離婚をしないほうが、子どもの為にもなりますが、やむなく離婚するという事であれば、きちんと決めるところは決めるようにしましょう。

Copyright (C) 2013 離婚の養育費を払うことになったら読むサイト All rights reserved.